本文へスキップ

自然を楽しむ旅をご提案。開田高原の宿 Pension J-HOUSE

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0264-44-2219

ご予約はこちら

オーナーの部屋 ようこそJ-HOUSEへ

 J-HOUSEファミリー

オーナーの松井淳一です。
開田高原にもようやく冬がやってきました。
1昨年の御岳山噴火以来、元の開田高原に戻れないもどかしさを感じています。
でも開田高原の冬の星座は相変わらず美しく、気持が引き締まる感じがします。
満天の星の美しさや輝きは他に比べるものがありません。


J-HOUSEでは暖かいサービスを用意して皆様をお待ちしています。
癒しの時を過ごしに来て下さい。

騒がしく暑い街を逃れて開田高原に来て見ませんか

鮮やかなリゾートで身も心もリフレッシュしてみてはいかがでしょう。
住んでいる私たちでも毎日感動できる自然がここにあります。

アクティブに楽しみたい方も静かにゆっくりとした
時間を過ごしたい方も是非お出かけください。

「日本で最も美しい村」開田高原の冬を是非体感してください。
 

おんたけ有機合同会社はファーマーズマーケット「彩菜館」農村レストラン「あいばし亭」
農産物加工工房「KAP」を運営する会社です。とうもろこしのゴーフレット、クランチ、乳酸発酵食品「すんき」は絶品です。是非お出かけください。
 

オーナーのプロフィール


松井 淳一 まつい じゅんいち

1955年木曽福島町生まれ

1977年群馬大学工学部卒 ヘキストジャパン梶i現サノフィーアベンティス)入社

1991年 ペンションJ-HOUSEオープン

1999年 (有)エイチ アイ エフ『開田高原アイスクリーム工房) オープン

2013年 おんたけ有機合同会社(彩菜館、あいばし亭、おんたけ有機KAP)代表就任

おんたけ有機合同会社代表・木曽町議会議員(2013.11月選挙で3期目)
木曽町観光協会広報部長・開田高原支部長・長野県食品衛生協会理事
木曽地域農産物加工連絡協議会会長、スローフード木曽会長、
自然エネルギー信州ネット木曽地域協議会会長

 妻の悦子と愛犬マルと共に

大学を卒業後 外資系の医薬品会社で14年、名古屋、東京で暮らし、
会社を辞めた後故郷木曽に戻り, 妻と共に25年前木曽開田高原に
ペンションJ-HOUSEをOPENしました。
開田高原で一番初めにできたペンションがJ-HOUSEです。
都会で働いているときもいつかは故郷へと考えていたのを覚えています。

ペンションを始めたときから、地域を暮らしやすくしたいと思っていました。
地域力の向上のために農林業と観光業の融合を信念に現在に至ります。

J-HOUSEはスローフードを食べれるペンションであり
2年前代表に就任したおんたけ有機合同会社は木曽の農産物を販売したり
加工して販売する地産池消を具現化した企業です。
地域産業は地域の資源人材を有効活用することから始まると私は考えています。
開田高原の美しい風景は地域コミュニティーや農林業などの活動があって維持されてきました。
その上に成り立つのが観光業でありすべてがリンクしあってこその賜物です。

『思った通りにはならないが、やった通りになる。結果はでる。』
『解決できない問題はない』を信じながらこれからも
地域づくりに貢献していきたいと思っています。

                      ペンションJ-HOUSE 松井 淳一

J-HOUSEロゴ


J-HOUSE

information店舗情報

Pension J-HOUSE

〒397-0302
長野県木曽郡木曽町開田高原西野6322-218
TEL.0264-44-2219
FAX.0264-44-2210
mail
→アクセス